Пропустить и перейти к тексту
мастер-класс по ремеслу

伊豆の焼き物体験~消えゆく日本の伝統的な焼き物を貴方の手で紡ぐ。

мастер-класс по ремеслу

伊豆の焼き物体験~消えゆく日本の伝統的な焼き物を貴方の手で紡ぐ。

На это Впечатление трудно найти свободные места.
Продолжительность
1.5 часа
Размер группы
До 8 чел.
Языки, на которых проводится Впечатление
Японский
мастер-класс по ремеслу

伊豆の焼き物体験~消えゆく日本の伝統的な焼き物を貴方の手で紡ぐ。

мастер-класс по ремеслу

伊豆の焼き物体験~消えゆく日本の伝統的な焼き物を貴方の手で紡ぐ。

На это Впечатление трудно найти свободные места.
Продолжительность
1.5 часа
Размер группы
До 8 чел.
Языки, на которых проводится Впечатление
Японский

Чем вы займетесь

■体験前に知っておいて欲しい事 当工房では、日本古来の昔ながらの「焼き締めの灰被り陶」を作る事になります。これは、皆さんが日常目にする「磁器」「陶器」や「陶芸教室」や「陶芸体験」で入手できる物とは違う物になります。 使用前、使用後に特別なメンテナンスを要する故に今では「料亭」や「高級ホテル」などでしか目にする事の無くなった日本の伝統的な焼き物に属する物です。 画一的大量生産品とは一線を画した「ほけきょ庵独自のほんまもん」を「昔ほどのコストをかけずに」「手軽に」お届けしようと、土の配合から始め、釉の開発を重ね、「極還元酸化落し」「点描掛け」と言う独自の技法を開発。これらの技法は、経済産業省の経営革新でも認められ、伊豆の名物風景を写した焼き物と共に、「伊豆の焼き物体験」と言う形で皆様にお届けします。 ■体験当日 工房に到着したらまずはフリードリンクで一息ついちゃってください。そして申込書などに記入し、陶芸電動ろくろ体験開始。まずは動画で予習します。 次に腕を脱力してもらい、僕らが「こんな感じの力加減で粘土にさわるんだよ」と指の上から一緒に器を挽いてみます。いわゆる手取り足取りってやつです。 この技は陶芸工房で修業時代にどうしてもロクロの挽けない不器用な人に最後の必殺技として使ってた技術です。それをいきなり使います。ウルトラマンがいきなりスペシウム光線で怪獣を撃滅する感じです。 粘土は約2.5キロ(よその工房だと1・5キロくらいが普通)5~8個くらい器を挽いたら、焼く物を2個選んで、経産省にも認められた「伊豆の焼き物」3種類の中から焼き上がりを選んで体験終了です。 ■体験後作品が届いたら 体験日より約90日後、様々な工程を経て皆様の作品がお手元に届きます。その際に、必ず「取扱説明書」を添付してお届けしています。ご自身で作られた作品と長く付き合うための昔ながらの知恵が詰まってます。必ずご覧ください。 お届けした作品は、使い込むほどに、ひび割れ(貫入)やボツボツ(梅花皮)に汚れがしみこみ、使っては手入れして、味わい深い風情を醸しだす「未完成の生きた焼き物」です。※陶芸で言う「味わい深い」とは、本来は「どう使われたか」の事をさします。 湿度が高く「物」にとって良い条件とはいえない日本の気候風土。そんな悪条件に対して頓智の利いた世界観でとらえて育んだ一つの回答が千利休が唱えた「侘び寂」の心もちです。万物は必ず朽ち果て土に返ります。ひところ現世に身を置き、どの様に世界に「在る」かは、物と付き合う私達の「心」その物が反映されます。 ほけきょ庵での陶芸体験を機に、「綺麗に汚れる」相反する概念すら美へと転化させた侘びの心に触れて、貴方だけの特別な逸品へと貴方自身の手で完成させて下さい。

Хозяин

芳徹

芳徹

1972年埼玉県川越に産まれる・幼少の頃よりピアノを弾く事を親より叩き込まれ、25歳まで東京で音楽活動に青春を捧げる。 1997年思う所あって音楽の道を歩むのを断念。手の器用さを活かして元々好きだったフィギア制作家業に転身。約10年間ネットを中心に販売。 2005年33歳の時に伊豆に移住。「磁器人形制作」ノウハウを取得したく地元の工房で働き始めて陶芸と出会う。以来、東京ドームテーブルウェアフェスティバル・織部の心作陶展などの陶芸展で入選入賞を重ねる。 2008年なぜか起業。陶芸体験ほけきょ庵・森かふぇアジト・わんこの森などを立ち上げ、自然景観を活かしたセルフビルドの施設で伊豆旅行の思い出作りのお手伝いを始めて13年・今に至る。 ワークショップでは、経済産業省の経営革新でも認定された「伊豆の焼き物体験」を実施。温泉処の伊豆半島で「癒しの休日・大人の粘土遊び」を提供中。 作家としての紹介はこちら(https://www.iichi.com/people/W6232727)  より濃い自己紹介記事はこちら(http://izukogen-hokekyo.com/2008/05/post-000048.html)

Где вы побываете

皆さんが陶芸を体験する工房「ほけきょ庵」は当初は伊豆高原の別荘地内にありましたが2017年に約700坪の県道沿いの敷地に移転。スタッフらでセルフビルドして作り上げてる工房です。木一本切るのも吟味しつつ自然景観を大切に今現在も拡張を続ける工房です。

Не забывайте

Правила отмены

При отмене бронирования любого Впечатления в течение 24 часов после оплаты вы получаете полный возврат.

Правила общения

Общайтесь только через Airbnb. В целях безопасности не переводите деньги и не общайтесь за пределами сайта или приложения Airbnb.

Требования к гостю

Максимальное число гостей в возрасте от 10: 8.

Удостоверение личности гос. образца

Вам необходимо сделать селфи, соответствующее фото в вашем удостоверении личности. Это делается для того, чтобы Airbnb мог удостовериться, кто именно собирается участвовать во Впечатлении. Достаточно сделать это один раз.

Другие советы

①趣旨は陶芸を「体験」して「昔ながらの焼き物文化」に触れようです。立派な物を作る!が目的な人はご遠慮いただいて陶芸教室に3年くらい通ってみてください。 ②作家3名で運営する小さな工房です。平日は特に問題なく体験頂けると思いますが何分、伊豆高原は有名観光地ですから週末や祝日・雨降り日などは混み合います。ゆったり楽しみたい方は繁忙日を避けて参加ください。 ③梱包送料1か所につき1200円 3名以上の場合人数x500円 ④爪が長いと体験難易度が上がり制作物も破損した物になる可能性が高まります。(それでも構わない方はご承知の上参加OKです)
芳徹
мастер-класс по ремеслу
伊豆の焼き物体験~消えゆく日本の伝統的な焼き物を貴方の手で紡ぐ。
Новинка!
От $38 на человека
Новинка!
От $38 на человека